縮毛矯正をかけたのに後ろがハネてしまう。なぜこんなことになってしまったのですか?

町田美容院の知恵袋 > 縮毛矯正のよくあるご質問 > 縮毛矯正をかけたのに後ろがハネてしまう。なぜこんなことになってしまったのですか?

縮毛矯正をかけたのに後ろがハネてしまいます。なぜこんなことになってしまったのですか?また、どうしたらよいのでしょうか?

.

縮毛矯正後に後ろ髪がハネてしまう原因は、縮毛矯正以前のカット(ベース)の問題。あるいは施術自体の問題。どちらかのケースが考えられます。参考にしてみて下さい。

いわゆるカットベースにハネてしまう原因がある?

「縮毛矯正をかけたのに後ろがハネてしまいます。なぜこんなことになってしまったのですか?」とのことですが、後ろ髪がハネてしまう理由には、

・縮毛矯正以前のカット(ベース)の問題。
・縮毛矯正の施術自体の問題。

 どちらかのケースが考えられます。

 まず「縮毛矯正以前のカット(ベース)の問題」ですが、そもそも縮毛矯正をかける以前の問題として、

・カットの仕上がりや、縮毛矯正をかける前の髪の長さに問題があった。
・レイヤーの幅や毛量調整などに問題があった。

 こういった、いわゆるカットベースと呼ばれるものに、後ろ髪がハネてしまう原因があった可能性が考えられます。

縮毛矯正もやはりカットとの連動性が大切な施術。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、縮毛矯正という施術は、それ単体で見れば、くせ毛を伸ばしたりボリュームダウンさせる技術。しかし、実際はカットとの連動性が大切です。

・レイヤーの高さなど、カット次第で縮毛矯正のバランスが変わります。
・また、美容師はお客様の顔型や毛量に合わせて、カットと縮毛矯正、両面からデザインを作り込むこともします。

 今回のケースで言えば、担当の美容師さんが、

・お客様の肩や鎖骨、骨格の形状を上手く見極めることができなかった。
・そのため、ハネやすい長さ、カットの仕上がりにしてしまった。

 仮にカットベースに問題がある場合、この辺りが後ろ髪のハネを招いている要因になります。

後ろ髪だけ縮毛矯正のかかりが甘かった可能性も。

 もう一つの原因として、縮毛矯正の施術自体に問題があった可能性も考えられます。

 例えば、

・薬剤設定の甘さ、施術自体の甘さが原因で、後ろ髪だけ縮毛矯正のかかりが甘くなった。
・そのために縮毛矯正後も、変わらず後ろ髪がハネてしまっている。

 こういったケースも考えられます。

「どうしたらよいのでしょうか?」とのことですが、もし、縮毛矯正をかけてからあまり時間が経っていない場合は、いずれのケースでも担当の美容師さんに一度、問い合わせをしてみること。可能であれば、お直しをリクエストしてみるのがオススメです。

 美容院のお直しの期間内であれば、無償で後ろ髪のハネを直してもらうことができます。

 参考にしてみて下さい。

縮毛矯正のよくあるご質問一覧へ

縮毛矯正のよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-07-31 | Posted in カット, 未分類, 縮毛矯正Comments Closed 

関連記事