伸びたセミロングヘアから→レイヤー無しで厚みを残す、流行りのロブヘアスタイルに。

町田美容院の知恵袋 > お客様の施術事例 > 伸びたセミロングヘアから→レイヤー無しで厚みを残す、流行りのロブヘアスタイルに。

担当させて頂いた
お客様の施術事例
やヘアスタイルを
紹介いたします。

 宇野 和弘|Kazuhiro Uno

担当者プロフィール:
表参道、渋谷の有名美容室4店舗を経験。キャリア16年。毛髪、薬剤知識が豊富。特にカラーリング、縮毛矯正技術に自信があります。丁寧なカウンセリングをベースにしたカットによるスタイル作り、ヘアケアの両面からアプローチを行うサロンワークで30〜40代の美意識の高い大人の女性から評価を頂いています。

セミロングヘア→流行りのロブヘアスタイルへ。

本日は、初めてモノヘアーにご来店頂くA様のビフォーアフター(施術事例)です。

A様の地毛は、元々おさまりの良いストレートヘア。

「特に伸ばそうと思っていたわけではないが、気付いたら、伸びてしまっていた」という、セミロングヘアでした。

事前のカウンセリングで、

「中途半端なので切りたい」
「でも、そこまでバッサリ切りたくない」
「イメチェンして今っぽくしたい」

こういったリクエストを頂き、鎖骨ラインのロブヘア(※)にすることに。

(※ロブとは、ロングとボブを合わせた造語で、文字通り、ボブヘアの中でも長めのヘアスタイルのこと)

Before|施術前

monohair
monohair
monohair

セミロングヘアから、カットだけで印象を変える場合、

別のよくあるご質問でも紹介したことがありますが、下記の3つの要素のどれか一つを行うことが必要です。

1.すその長さを切ること。これが一番のイメージチェンジになります。

2.前髪、顔周りのカットを変えること。これもイメージチェンジにつながります。

3.段の入れ方を変えること。レイヤーやグラデーションの入れ方でイメージチェンジさせます。大きな変化というよりもマイナーチェンジによく使われます。

この3つのうち、今回は1の裾(すそ)の長さをカットしてマイナーチェンジをすることに。

まずはカット。

裾の長さを5センチ切って、長さを鎖骨ラインに。

髪質の良さを活かすために、レイヤーは入れずに厚みを残す、流行りのロブスタイルに。

毛量調整は毛先にチョップカットで、ぼかしを入れる程度。最小限に留めることで、艶やかでまとまりのあるスタイルに。

monohair
monohair
monohair

↓↓↓

After|施術後

更に38ミリのアイロンで、内巻き、外ハネで、毛先をランダムにワンカールさせる。

無造作で空気感のあるスタイルに仕上げてみました。

monohair
monohair
monohair

ぜひ、参考にしてみて下さい。

monohair

お客様の施術事例一覧へ


よく読まれている記事

kazuhiro_uno

monohair_blog「美容師300人に愛用シャンプーを聞いてプロが選ぶ本当のオススメ人気ランキングを調べてみた…続きを読む


kazuhiro_uno

monohair_blog「縮毛矯正とストレートパーマでやっちゃダメなことも完全網羅。経歴16年の現役美容師が2つの違い教えます…続きを読む


kazuhiro_uno

monohair_blog「美容師が独立3ヶ月で月商100万円。激戦エリアでホットペッパー無し。個人メディアと1人営業で集客してみた…続きを読む


お客様の声

kazuhiro_uno

costomer_testimonial「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました…続きを読む


takanobu_serizawa

costomer_testimonial「芹澤さんに出会うまでは、髪のボリュームが多く悩んでいて、すこし伸びてくると髪型がきまらないことが…続きを読む


kazuhiro_uno

costomer_testimonial「宇野さんには、約8年間担当いただいております。初めて担当いただいた時、初めて美容師さんに辛口な…続きを読む


お客様の声をもっと見る


お客様の施術事例


monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-12-16 | Posted in カット, 施術事例Comments Closed 

関連記事