半年に一度、縮毛矯正。一ヶ月に一度、自宅で白髪染め。髪がかなり傷んでしまってます。

町田美容院の知恵袋 > 白髪染めのよくあるご質問 > 半年に一度、縮毛矯正。一ヶ月に一度、自宅で白髪染め。髪がかなり傷んでしまってます。

半年に一度のペースで縮毛矯正。一ヶ月に一度のペースで市販の白髪染めをしてきました。ですが、髪がどんどん傷んでしまい、担当の美容師には「これ以上は市販の白髪染めは使わないで。傷みすぎて取り返しがつかなくなる」と言われてしまいました。ただ、白髪染めまで美容院にお願いできるほど時間的にもお金的にも難しいところです。何かよい方法はありますでしょうか?

.

もちろん、時間やコストの問題でやむを得ない理由があるかもしれません。ただ、やはり月に1度の自宅での白髪染めを、美容院にお願いするのが髪へのダメージを減らす賢明な判断だと思います。

自宅での白髪染めはダメージも大きくなります。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、縮毛矯正は美容院で行なう中でも最大級にダメージが伴う施術(メニュー)です。髪への負担が最も大きく、リスクも高い施術です。この縮毛矯正を一定のペースで行っている時点で、髪にはかなりの負担になります。

 加えて、市販の白髪染めというのは、その商品設計上、どうしても万人受けする(より多くの人の白髪をしっかり染める)ことが優先されます。そのため、使用者の髪質や髪の状態に左右されずにしっかりと染めることを目的とするため、かなり強めの薬剤が使用されています。当然ですが、個々人に合わせて薬剤を調整する美容院での白髪染めよりも、市販の白髪染めのほうが髪に対するダメージは大きくなってしまいます。また、ご自宅での白髪染めでは、髪質や白髪、ダメージの状況に応じて細かく薬剤を塗り分けるのも難しいと思います。細かく塗り分けをしてくれる美容院での白髪染めよりも、やはり髪への負担は大きくなります。

 半年に1回の縮毛矯正に、月に一度の自宅での白髪染め。これでは髪にはかなりのダメージが蓄積されていきます。厳しい言い方になりますが、傷んでしまって当然ですし、美容師さんが

「これ以上市販の白髪染めは使わないで欲しい」
「傷みすぎて取り返しがつかなくなる」

 と言う気持ちもよく分かります。

 ボリュームが出すぎてしまう、うねりやクセ毛が気になるという点から美容院での縮毛矯正を止めることは、おそらくできないと思います。ですから、月に1度の自宅での白髪染めを、美容院にお願いするのが髪へのダメージを減らす賢明な判断だと思います。もちろん、時間やコストの問題でやむを得ない理由があるかもしれません。ただ、髪が傷みすぎて取り返しがつかなくなってからでは遅いのも事実です。担当の美容師さんと相談しながら、髪へのダメージを減らす方法を検討してみて下さい。

白髪染めのよくあるご質問一覧へ

白髪染めのよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-02-21 | Posted in 未分類, 白髪染め, 縮毛矯正Comments Closed 

関連記事