今日、髪の毛をブリーチ。1週間後に縮毛矯正で髪の毛の傷み具合はやばくなる?

町田美容院の知恵袋 > 縮毛矯正のよくあるご質問 > 今日、髪の毛をブリーチ。1週間後に縮毛矯正で髪の毛の傷み具合はやばくなる?

今日、髪の毛をブリーチして1週間後に縮毛矯正したら髪の毛の傷み具合はやばくなってしまいますか?

.

原則としてブリーチをした履歴がある髪に対しては、縮毛矯正やパーマなど大きなダメージが伴う施術は絶対にNGです。

ブリーチ後の傷んだ髪に縮毛矯正は絶対NGです。

「今日、髪の毛をブリーチして1週間後に縮毛矯正したら髪の毛の傷み具合はやばくなってしまいますか?」とのことですが

原則としてブリーチをした履歴がある髪に対しては、縮毛矯正やパーマなど大きなダメージが伴う施術は絶対にNG。

間違いなく大変なことになってしまうため絶対に避けるようにして下さい。 

そもそもブリーチというのは、乱暴な言い方をしてしまえば、ある種「髪の内部を全て破壊していくような薬剤」であり、ブリーチ後の髪の毛は、大きくダメージし、かなり特殊な状態になります。

(※言ってみれば、薬剤を過剰反応させてしまうことで著しく髪のコンディションを落としたビビリ毛や、髪の毛の内部がストローのように空洞になってしまっている「ポーラス毛に近い状態とも言えます)

一方で、縮毛矯正は美容院で行うメニューの中で、ブリーチと並んで髪への負担(ダメージ)が最も大きく、リスクも高い施術です。

ブリーチで大きくダメージし、かなりデリケートな状態になっている髪に、美容院で行う施術の中でも最大級にダメージが伴う縮毛矯正を行う。

冷静に考えて頂ければ、この施術がどれほどリスクが高いものかご理解頂けると思います。

ブリーチではなくサロンカラー程度でとどめる。

また、「1週間後に縮毛矯正したら…」とのことですが、これは期間の問題ではなく、一度ブリーチした履歴のある部分はカットして無くなるまでは、ずっと縮毛矯正はNGであるとご理解下さい。

もし、どうしてもカラーを入れたい場合でも、やはりブリーチはオススメできません。

また、ブリーチではないヘアカラーであっても、その商品設計上、万人受けする(より多くの人の髪をしっかり染める)ために、かなり強めの薬剤が使用されている市販の薬剤を使ったセルフカラーも、やはりオススメできません。

たとえブリーチでなくても、市販のカラー剤を使ってしまえば髪への負担(ダメージ)が大きくなってしまうため、使用後は縮毛矯正を控えて頂きたいというのが美容師としての本音です。

カラーを検討される場合は、せめて髪への負担やダメージが抑えられる美容院でのサロンカラー程度にとどめて頂ければと思います。

なお、この辺り「縮毛矯正とストレートパーマの違い。経歴14年の現役美容師が教えます」というページでの中でも、縮毛矯正やストレートパーマでやっちゃダメなことや注意点、正しい利用方法を詳しく紹介しています。

↓↓↓

monohair2
縮毛矯正とストレートパーマの違い。経歴14年の現役美容師が教えます
…もっと読む

併せて参考にしてみて下さい。

縮毛矯正のよくあるご質問一覧へ

縮毛矯正のよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-05-21 | Posted in カット, パーマ, ヘアカラー, 未分類, 縮毛矯正Comments Closed 

関連記事