髪の毛の左側だけ傷んでいる。右側はそれほど傷んでいません。何が原因でしょうか?

町田美容院の知恵袋 > 縮毛矯正のよくあるご質問 > 髪の毛の左側だけ傷んでいる。右側はそれほど傷んでいません。何が原因でしょうか?

自分から見て髪の毛の左側だけ凄く傷んでいます。同じヘアケアをしているつもですが右側はそれほど傷んでいません。地毛の癖が強いので4〜6ヶ月ごとに縮毛矯正はしています。これが原因でしょうか?

.

髪のパーツごとの髪質や頭皮環境の違い。縮毛矯正時に右側と比較して左側のほうがより薬剤に反応してしまった可能性。また、美容師さんの作業スピードの違いがコンディションの差を生み出しているなど、様々な可能性が考えられます。

左右の髪のコンディションに差を生むものとは?

「自分から見て髪の毛の左側だけ凄く傷んでいます。同じヘアケアをしているつもですが右側はそれほど傷んでいません」とのことですが、様々な可能性が考えられます。

 一つは髪のパーツごとの髪質や頭皮環境の違いです。一般的に、髪の毛というのはどのパーツであっても太さや伸びるスピードは同じだと思われています。しかし、実際は、

・髪の毛の左右で髪の太さや伸びるスピードは違う。
・同様に髪の毛の前後でも髪の太さや伸びるスピードが違う。

 ものです。

髪の毛はパーツごとに髪質や頭皮環境も異なる。

 また、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、人間の頭はつむじを中心に時計回りに髪の毛が流れています。そのため、たとえ直毛の人であったとしても、頭の左側は比較的内巻きにハネやすく、頭の右側は外側にハネやすいと言われています。一部、例外もありますが9割以上の方はこの傾向に当てはまります。

 このつむじの毛の流れ、左右での生え方の違いは、パーマなどのスタイリングにも影響し、一般的に8〜9割の方が右サイドのパーマが取れやすいと言われています(これはウェーブスタイルでもカールスタイルでも同じ傾向にあります)。そのため、スタイリングが左右がバラバラになってしまうこともよくあります。

 このように同じ頭の上であっても、髪の毛はパーツごとに髪質や頭皮環境も異なります。お客様の場合も、もしかすると

・左側の髪の毛は、右側とくらべて細い。
・左側の髪の毛は、もともと乾燥しやすい。
・左側の髪の毛は、キューティクルの層が薄い。

 などといった可能性も考えられます。これが左右の髪のコンディションに違いをもたらす原因かもしれません。

薬剤反応の違いや美容師の作業スピードの違いも。

 また、「地毛の癖が強いので4〜6ヶ月ごとに縮毛矯正はしています…」とのことですが、

・縮毛矯正時に右側と比較して左側のほうがより薬剤に反応してしまった。
・美容師さんの作業スピードの違いがコンディションの差を生み出してしまった。

 などの可能性も考えられます。

 もし、ストレスになるほど左右でダメージやコンディションの差が出てしまうようであれば、次回以降、担当の美容師さんにも必ずその旨を伝えて下さい。美容師さんもお客様の過去の履歴をもとに、左右でのダメージやコンディションに差が出ないようにスタイリングや施術を行ってくれると思います。

 参考にしてみて下さい。

縮毛矯正のよくあるご質問一覧へ

縮毛矯正のよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-05-18 | Posted in パーマ, 未分類, 縮毛矯正Comments Closed 

関連記事