縮毛矯正から1週間。パーマの臭い取れない。髪が濡れると枯れ葉が焼ける嫌な臭いがする。

町田美容院の知恵袋 > 縮毛矯正のよくあるご質問 > 縮毛矯正から1週間。パーマの臭い取れない。髪が濡れると枯れ葉が焼ける嫌な臭いがする。

縮毛矯正しましたが、1週間程度たってもパーマの臭いがとれません。髪が濡れると枯れ葉が焼けるような嫌な臭いがします。湿度が高い時も同様の臭いがします。縮毛矯正している友人はパーマ臭くありません。この臭いは取れないものですか?またどうすれば防げるものでしょうか?

.

一度、この状態になってしまうとなかなか臭いを取ることができません。日々のシャンプーを繰り返しながら、時間の経過とともに自然に臭いが無くなるのを待つ。これ以外にあまり有効な解決策が無い、というのが美容師としての本音です。どうかご理解頂ければと思います。

原因として考えられるのはアルカリの残留です。

「縮毛矯正しましたが、1週間程度たってもパーマの臭いがとれません。髪が濡れると枯れ葉が焼けるような嫌な臭いがします…」とのことですが、

 原因として考えられるのはアルカリの残留、特に1剤が髪の毛に残っている可能性が高いと思います。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、通常美容院での縮毛矯正では1剤と2剤と呼ばれる2種類の薬剤を使って施術を行います。

 1剤で髪の毛を柔らかい状態にし、柔らかくなった髪の毛をアイロンで伸ばします。

 その後、髪の毛を伸ばした状態で今度は2剤をつけて柔らかくなった髪の毛を元のハリのある状態に戻す。これが縮毛矯正の大まかな流れです。

 この施術の過程で、1剤の流し方が甘かったり、薬剤が髪の内部に浸透し過ぎてしまったことが1週間が経過しても嫌な臭いが残ってしまっている原因だと思います。

「この臭いは取れないものですか?」とのことですが、一度、この状態になってしまうとなかなか臭いを取ることができません。

 日々のシャンプーを繰り返しながら、時間の経過とともに自然に臭いが無くなるのを待つ。これ以外にあまり有効な解決策が無い、というのが美容師としての本音です。

 どうかご理解頂ければと思います。

アルカリ除去の装置や設備のある美容院選びを。

「またどうすれば防げるものでしょうか?」とのことですが、次回以降はしっかりと1剤のアルカリを除去してくれるようなシャンプーを行ってくれる美容院選びをオススメします。

 パーマ剤や縮毛矯正の臭いに敏感なお客様も多くいらっしゃいます。そのため、最近では、

・縮毛矯正剤に限らず、パーマ剤やカラー剤の残留アルカリを取り除く工夫をしている。
・シャンプー台にマイクロバブルや炭酸泉などアルカリ除去をする装置を設置している。

 といった美容院も増えています。

 今回の施術でついてしまった臭いを取ることはなかなか難しいですが、次回以降、こういった装置や設備を用意している美容院で縮毛矯正を検討するのも効果的です。

 参考にしてみて下さい。

縮毛矯正のよくあるご質問一覧へ

縮毛矯正のよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-05-18 | Posted in パーマ, ヘアカラー, 縮毛矯正Comments Closed 

関連記事