縮毛矯正後に前髪がストーンとなりダサい。三つ編みなどのアレンジをしても良い?

町田美容院の知恵袋 > 縮毛矯正のよくあるご質問 > 縮毛矯正後に前髪がストーンとなりダサい。三つ編みなどのアレンジをしても良い?

昨日の夕方に縮毛矯正をかけました。過去に2回やった時はそれほど気になりませんでしたが、今回はイメージよりも前髪がストーンという感じに降りてます。思っていたよりも長く、目にも入るので邪魔です。このままだとダサいので前髪を三つ編みにしたり、アレンジしても良いものでしょうか?また、こういうケースではどう対処するべきでしょうか?アドバイスお願いします。

.

一度、縮毛矯正の施術ミスでストーン(あるいはピーン)と伸びすぎてしまった髪は、薬剤の力を借りて元の状態に戻すことはできません。なかなかすぐには元に戻せるものではない、ということをどうかご理解下さい。真っ直ぐになりすぎた髪を、三つ編みなどのヘアアレンジにする。マジックカーラーやヘアアイロンで、真っ直ぐになりすぎた髪に丸みをつける、といった方法でごまかしながら、少しずつ地毛の部分が伸びてくるのを待つというのが一番の解決方法です。

薬剤の力ですぐに元の状態に戻すことはできない。

「今回はイメージよりも前髪がストーンという感じに降りてます。思っていたよりも長く、目にも入るので邪魔です…」とのことですが、

 おそらく

・縮毛矯正の施術の中で美容師が薬剤を反応させ過ぎてしまった。
・アイロンの熱を加え過ぎてしまった。

 ことが原因だと思います。

 癖はしっかり伸びている状態かもしれませんが、真っ直ぐになりすぎて不自然になったり、思ったよりも長さを感じてしまっている状態だと思います。

 一度、縮毛矯正の施術ミスでお客様のようにストーン(あるいはピーン)と伸びすぎてしまった髪は、薬剤の力を借りて元の状態に戻すことはなかなかできません

縮毛矯正の上からパーマをかけてしまえば、髪がちりちりになってしまう、断毛してしまうといったリスクもあるため、すぐにパーマのかけ直しをすることもできません)。

 仮に今回、施術をしてもらった美容院を再度訪問しても、なかなかすぐには元に戻せるものではない、ということをどうかご理解下さい。

ごまかしながら、少しずつ地毛が伸びるのを待つ。

 一度、縮毛矯正の施術ミスで、ストーン(あるいはピーン)と伸びすぎてしまった髪に対しては、

・真っ直ぐになりすぎた髪を、三つ編みなどのヘアアレンジにする。
・マジックカーラーやヘアアイロンで、真っ直ぐになりすぎた髪に丸みをつける。

 といった方法でごまかしながら、少しずつ地毛の部分が伸びてくるのを待つというのが一番の解決方法です。

 また、「前髪を三つ編みにしたり、アレンジしても良いものでしょうか」とのことですが、縮毛矯正直後は髪にクセや跡が残りやすい(付きやすい)状態です。

 縮毛矯正をかけたその日は、耳にもかけず、なるべく髪をフラットな状態に保つようにして下さい。

 翌日以降であれば、

・前髪を三つ編みにする。
・ピンを打って斜めに前髪を流してあげる。

 といったアレンジを加えて頂いて構いません。

 参考にしてみて下さい。

縮毛矯正のよくあるご質問一覧へ

縮毛矯正のよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-05-09 | Posted in パーマ, 縮毛矯正Comments Closed 

関連記事