髪質は直毛寄りです。内側、外側への少しのハネは縮毛矯正かけてもなおりませんか?

町田美容院の知恵袋 > 縮毛矯正のよくあるご質問 > 髪質は直毛寄りです。内側、外側への少しのハネは縮毛矯正かけてもなおりませんか?

周りの皆からは、私の髪はストレートだと言われます。ただ、自分的には内側や外側にハネるのも嫌で、ストレートでも本当に真っ直ぐシャキーンとした状態が理想です。今、担当してもらっている美容師さんには、自分の髪質で縮毛矯正をかけてもあまり効果が感じられないと言われます。少しの内側、外側のハネは縮毛矯正かけてもなおりませんか?

.

直毛(ストレート)の方は、無理に縮毛矯正するよりもハンドドライやブローで解決するのがオススメです。

ハネの原因は根元のうねりや毛流によるもの。

「周りの皆からは、私の髪はストレートだと言われます…」とのことですが、おそらくお客様の髪質は本当にストレート(直毛)なのだと思います。

この場合、外側や内側のハネは髪の毛の問題というよりも、根元のうねりや、毛流(毛の流れ)によるものだと考えられます。

人間の頭はつむじを中心に時計回りに髪の毛が流れています。

そのため、たとえ直毛の人であったとしても、頭の左側は比較的内巻きにハネやすく、頭の右側は外側にハネやすいと言われています。

一部、例外もありますが9割以上の方はこの傾向に当てはまります。

この場合、根元のうねりや毛流によるハネは、髪の毛自体や毛先の問題ではないため、縮毛矯正は効果的に作用しません。

美容師さんのおっしゃる通り、仮に縮毛矯正をかけても、あまり効果を感じられないと思います(むしろ外ハネが逆に強調されてしまう可能性もあります)。

お客様のようなケースでは、縮毛矯正よりも日頃のハンドドライやブローの仕方でハネを抑えるのが効果的です。

シャンプー後、ドライヤーを使う際に、根元の方向性を整えながらで髪を乾かす。これだけで十分にハネを抑えることができます。

確かに毎日の作業なので手間ではありますが、直毛(ストレート)の方は、無理に縮毛矯正するよりもハンドドライやブローで解決するのがオススメです。

なお、「縮毛矯正とストレートパーマの違い。経歴14年の現役美容師が教えます」というページでの中でも、縮毛矯正やストレートパーマでやっちゃダメなことや注意点、正しい利用方法を詳しく紹介しています。

↓↓↓

monohair2
縮毛矯正とストレートパーマの違い。経歴14年の現役美容師が教えます
…もっと読む

併せて参考にしてみて下さい。

縮毛矯正のよくあるご質問一覧へ

縮毛矯正のよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-02-18 | Posted in 未分類, 縮毛矯正Comments Closed 

関連記事