毎日のヘアアイロンが原因で白髪染めが色落ちしてしまうことはありますか?

町田美容院の知恵袋 > 白髪染めのよくあるご質問 > 毎日のヘアアイロンが原因で白髪染めが色落ちしてしまうことはありますか?

白髪染めを自宅で行っていますが、なかなか上手く染まりません。上手く染められたと思っても、数日経つとやはり白髪が目立ちます。毎日ヘアアイロンをしているのですが、それが原因で白髪染めが落ちてしまっているのでしょうか?

.

高熱のアイロンで毎日毛先を巻いたり、伸ばしたりすることで、髪への負担やダメージは蓄積されていきます。もちろん、カラーリングにも影響は出ます。

毎日のヘアアイロンでダメージは蓄積されます。

「ヘアアイロンを使用することで髪への負担やダメージが発生するか?」と言えば、やはりダメージは蓄積されます。最近では、200度近い高温が設定できるヘアアイロンも市販されています。そういった高熱のアイロンで毎日毛先を巻いたり、伸ばしたりすることで、髪への負担やダメージは蓄積されていきます。もちろん、カラーリングにも影響は出ます。

 実際、

・ダメージが蓄積した部分ほど髪の毛が染まりづらくなってしまう。
・反対にダメージしている部分ほど髪の毛が染まりやすくなってしまう。

 など、人それぞれ、ダメージがカラーリングに影響を及ぼすことは大いにあります。毎日ヘアアイロンをすることが白髪染めの色落ちを促しているという可能性も考えられます。

しっかり乾いた髪になるべく低めの温度設定で。

 白髪染め後の髪に対してヘアアイロンを使う場合、ヘアケアとして

・髪を巻く前にしっかりと髪を乾かすこと
・なるべく低めの温度設定で少しずつ巻いてあげること

 といったことが有効です。

 まずはハンドドライでもブラシでも、しっかりと乾かすことが重要です。別のよくあるご質問でも紹介しましたが、濡れた状態の髪の毛は、キューティクルが開き、剥がれやすく、傷みやすい(ダメージしやすい)状態です。この状態でヘアアイロンを使えばダメージが多く出てしまいます。また、変に水分の残っている状態だと、仮にアイロンで髪を巻いても綺麗な形を作ることができません。

 また、ヘアアイロンの温度設定ができる場合は、なるべく低めの温度設定で少しずつ巻いてあげるのもポイントです。もちろん200度などの高温を設定する必要はありません。120〜130度など、なるべく低めの温度設定にすること。しかも、一度でキレイなカールを作ろうとせず、何回かに分けてヘアアイロンをあてていくことで、髪への負担やダメージを最小限に抑えることができます。

 補足ですが、「数日経つとやはり白髪が目立ちます…」とのことですが、仮に根元に白髪が目立つ場合はヘアアイロンではなく、単純な染め方の問題を疑ってください。ヘアアイロンは地肌付近や髪の根元に使うことはないと思います。ですから、根元の白髪が特に目立つ場合は

・白髪染め薬剤の塗りムラ
・白髪染め中の法事時間のムラ

 といった原因も考えられます。参考にしてみて下さい。

白髪染めのよくあるご質問一覧へ

白髪染めのよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-03-02 | Posted in ヘアカラー, 未分類, 白髪染めComments Closed 

関連記事