白髪染めやヘアカラー、パーマ、縮毛矯正をするほど髪質が良くなるというのは本当?

町田美容院の知恵袋 > 白髪染めのよくあるご質問 > 白髪染めやヘアカラー、パーマ、縮毛矯正をするほど髪質が良くなるというのは本当?

現在は3ヶ月に一度程度のペースで美容院に行き、白髪の部分は白髪染め、地毛の黒い部分はヘアカラーをお願いしています。私は髪の健康を大切にしたいと思っていますが、美容師さんは「白髪染めやヘアカラー、パーマ、縮毛矯正をすればするほど髪質が良くなる」といいます。本当でしょうか?

.

ざっくばらんな話をすれば「白髪染めやヘアカラー、パーマ、縮毛矯正をすればするほど髪質が良くなる」というのは全くもってウソです。

すればするほど髪質が良くなるは全くのウソ。

 確かに美容院を紹介する様々なサイトやクーポンサイトを見ていると

「ヘアカラーやパーマ、縮毛矯正をすればするほど髪質が良くなる」

 とうたっている美容院は多くあります。ただ、ざっくばらんな話をすれば「白髪染めやヘアカラー、パーマ、縮毛矯正をすればするほど髪質が良くなる」というのは全くもってウソです。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、髪の毛というのは弱酸性です。そこに対して髪の毛にはない全く真逆(アルカリ性)の成分の薬剤を乗せていくわけですから、髪の毛の状態が良くなるということは考えられません。

 もっと言えば、髪の毛というのは、原則として減点法でのみ、どんどん傷んでいくものであって、決して加点されるということはありません。たとえば、生まれたての綺麗な髪の毛(バージンな毛)が10だとしたら、

・縮毛矯正をすることでマイナス2
・カラーリングをすることでマイナス1
・パーマをすることでマイナス2

 という具合に、どんどん減点法式でポイントが減っていきます。その他にも、日常生活を送っていくだけでも、枕との摩擦、ドライヤーの熱の当て過ぎなど様々な理由で髪はダメージしていきます。そして、縮毛矯正やカラーリング、パーマなどを繰り返すことで、数値がゼロになってしまった時、

・ちりちりの髪の毛になってしまう。
・断毛してしまう、切れてしまう。
・ロングヘアの中間部分から先が切れて無くなってしまう

 となります。ですから、「白髪染めやヘアカラー、パーマ、縮毛矯正をすればするほど髪質が良くなる」というのはあり得ないのです。

 ただし、そんな中にあっても美容院によっては「パーマやカラー剤の中にコラーゲンやアミノ酸を混ぜながら、なるべく髪への負担やダメージ少なくする」などの方法を用いてヘアカラーやパーマをしてくれるケースもあります。色々な美容院のホームページにも特徴が紹介されています。参考にしてみて下さい。

白髪染めのよくあるご質問一覧へ

白髪染めのよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-02-27 | Posted in パーマ, ヘアカラー, 未分類, 白髪染め, 縮毛矯正Comments Closed 

関連記事