自分でブリーチ後にカラー。髪がゴワゴワして気持ち悪い。トリートメントで改善できる?

町田美容院の知恵袋 > トリートメントのよくあるご質問 > 自分でブリーチ後にカラー。髪がゴワゴワして気持ち悪い。トリートメントで改善できる?

先日、自分(セルフ)でブリーチをして、その後セルフでブリーチ作用のないカラーを入れました。ただカラーを入れた後の髪がゴワゴワして気持ち悪いです。これはやむを得ないことですか?あるいは洗い流さないタイプのトリートメントを毎日使うなどで改善できるでしょうか?アドバイスよろしくお願いします。

.

お客様の施術履歴を見ると「髪がゴワゴワして気持ち悪いです…」という状態になってしまうのは、厳しい言い方をしてしまえば当然といえば当然の結果というのが美容師としての本音です。一度ブリーチとセルフカラーで傷んでしまった髪質を改善することはできません。傷んでしまった部分がカットして無くなるまではゴワつきは残ってしまいます。参考にしてみて下さい。

ゴワゴワ感は、ブリーチを使う以上避けられない。

「髪がゴワゴワして気持ち悪いです…」とのことですが、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、そもそもブリーチというのは、乱暴な言い方をしてしまえば、ある種「髪の内部を全て破壊していくような薬剤」です。

 ブリーチ後の髪の毛というのは、大きくダメージし、かなり特殊な状態にあると言えます。ブリーチ後に髪のコンディションが悪化することや、ゴワゴワ感が出ることは、ブリーチを使う以上避けられないものであるとご理解下さい。

 また、「その後セルフでブリーチ作用のないカラーを入れました…」とのことですが、いわゆるダブルカラーを行ったものだと思います。

髪がゴワゴワして気持ち悪い…は当然の結果?

 いくらブリーチ作用が無いと言えども、カラーリングをすることで、やはり髪には確実にダメージが発生します。

 加えて、市販されているカラー剤というのは、その商品設計上、どうしても万人受けする(より多くの人の髪をしっかり染める)ことが優先されるため美容院でのサロンカラーと比較して髪への負担やダメージも大きくなります。

 セルフでのブリーチで髪の内部が破壊され、さらに薬剤が強めに設定されたセルフカラーでダブルカラーをする。「髪がゴワゴワして気持ち悪いです…」という状態になってしまうのは、厳しい言い方をしてしまえば当然といえば当然の結果というのが美容師としての本音です。

傷んだ部分がカットで無くなるまでゴワつきは残る

「あるいは洗い流さないタイプのトリートメントを毎日使うなどで改善できるでしょうか?」とのことですが、

 これも別のよくあるご質問でも紹介しましたが、髪の毛というのは、原則として減点法でのみ、どんどん傷んでいくものであって、決して加点されるということはありません。いくら良いトリートメントやヘアパックを使っても、一度、傷んでしまった髪の毛が元に戻ることはほぼありません。

 毎日トリートメントやリンス、洗い流さないタイプのアウトバストリートメントを使っても、表面をコーティングすることでごまかすことはできても、やはり根本的に一度ブリーチとセルフカラーで傷んでしまった髪質を改善することはできません。傷んでしまった部分がカットして無くなるまではゴワつきは残ってしまいます。

 参考にしてみて下さい。

トリートメントのよくあるご質問一覧へ

トリートメントのご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-05-30 | Posted in カット, トリートメント, ヘアカラー, 未分類Comments Closed 

関連記事