最終的に洗い流さないトリートメントするなら、洗い流すトリートメントしなくて大丈夫?

町田美容院の知恵袋 > トリートメントのよくあるご質問 > 最終的に洗い流さないトリートメントするなら、洗い流すトリートメントしなくて大丈夫?

普段から洗い流すタイプと洗い流さないタイプ、両方のトリートメントを使っています。ただ、いつも使っている洗い流すタイプのトリートメントを切らしてしまいました。この場合、最終的に洗い流さないアウトバスタイプのトリートメントをするのであれば、洗い流すタイプのトリートメントをしなくても問題ないですか?アドバイスお願いします。

.

どちらかのトリートメントを欠かすことが大きな問題になることはありません。しかし、洗い流さないタイプのトリートメントに頼りすぎると、様々な弊害もあります。注意が必要です。

洗い流さないトリートメントに頼りすぎると…。

「最終的に洗い流さないアウトバスタイプのトリートメントをするのであれば、洗い流すタイプのトリートメントをしなくても問題ないですか?」とのことですが、どちらかのトリートメントを欠かすことが大きな問題になることはありません。しかし、洗い流さないタイプのトリートメントに頼りすぎると、様々な弊害もあります。注意が必要です。

 これは別のよくあるご質問でも紹介しましたが、髪質や頭皮の環境に合ったシャンプーをお風呂場で使うこと。必要に応じて髪質や頭皮の環境に合った洗い流すタイプのトリートメントを使うこと。ホームケアの基本的な考え方としては、この2つをしっかり行うことが重要です。言い換えれば、この2つさえしっかりと行っていれば、ご自宅で行なうヘアケア、ホームケアとしては十分です。

 これらのお風呂場でのホームケアがしっかりとしている前提で、どうしてもブリーチや縮毛矯正でハイダメージ毛になっている。様々な施術を繰り返して、髪にかなりの負担やダメージが蓄積している。といった場合にのみ、プラスアルファの要素として、オイルトリートメントやミルクトリートメントなど、一般的に「洗い流さないタイプのトリートメント」と呼ばれるものを使うのが基本です。

 しかし、普段のヘアケアをサボりがちな人ほど、ついついオイルなどの洗い流さないタイプのトリートメントに頼ってしまう傾向があります。ただ、洗い流さないアウトバスタイプのトリートメントをメインのヘアケアとして考えてしまえば、長い目で見た場合、トリートメントの使いすぎが枝毛の原因やキューティクルを剥がしていく原因にもなってしまいます。注意が必要です。

「あくまでお風呂で洗い流すヘアケアが重要。アウトバスタイプはプラスアルファとして」、というスタンスが重要です。参考にしてみて下さい。

トリートメントのよくあるご質問一覧へ

トリートメントのご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-03-18 | Posted in トリートメント, 未分類, 縮毛矯正Comments Closed 

関連記事