トリートメントは洗い流すタイプと洗い流さないタイプの両方を使うべき?

町田美容院の知恵袋 > トリートメントのよくあるご質問 > トリートメントは洗い流すタイプと洗い流さないタイプの両方を使うべき?

トリートメントは洗い流すタイプと洗い流さないタイプの両方を使うべきですか?

キャリア14年の
美容師があなたの
髪の疑問や悩みに
本音で答えます。

 宇野 和弘|Kazuhiro Uno

回答者プロフィール:
表参道、渋谷の有名美容室4店舗を経験。キャリア14年。毛髪、薬剤知識が豊富。特にカラーリング、縮毛矯正技術に自信があります。丁寧なカウンセリングをベースにしたカットによるスタイル作り、ヘアケアの両面からアプローチを行うサロンワークで30〜40代の美意識の高い大人の女性から評価を頂いています。

髪質や頭皮の環境に合ったシャンプーをお風呂場で使うこと。必要に応じて髪質や頭皮の環境に合った洗い流すタイプのトリートメントを使うこと。この2つさえしっかりと行っていれば、ホームケアとしては十分です。その上で、洗い流さないタイプのトリートメントは、あくまでプラスアルファの要素として、頼り過ぎないのがポイントです。

あくまでプラスアルファの要素として使うこと。

髪質や頭皮の環境に合ったシャンプーをお風呂場で使うこと
必要に応じて髪質や頭皮の環境に合った洗い流すタイプのトリートメントを使うこと

 ホームケアの基本的な考え方としては、この2つをしっかり行うことが重要です。言い換えれば、この2つさえしっかりと行っていれば、ご自宅で行なうヘアケア、ホームケアとしては十分です。

 これらのお風呂場でのホームケアがしっかりとしている前提で、

・どうしてもブリーチや縮毛矯正でハイダメージ毛になっている。
・様々な施術を繰り返して、髪にかなりの負担やダメージが蓄積している。

 といった場合にのみ、プラスアルファの要素として、オイルトリートメントやミルクトリートメントなど、一般的に「洗い流さないタイプのトリートメント」と呼ばれるものを使う。このスタンスが非常に重要となります。

 別のよくあるご質問で紹介しましたが、確かにメリットの多いように感じる洗い流さないタイプのトリートメントやオイルも、その成分によっては、つけ過ぎてしまうことで、長期的なヘアケアで考えた場合、実は枝毛の原因になってしまう場合もございます。また、コーティング力が強すぎる商品を使い続けることで、その後のカラーやパーマにムラがでてしまう可能性も出てきます。

 もちろん、洗い流さないタイプのトリートメントやオイルにも様々な品質の商品があるため一概には言えませんが、あくまでプラスアルファの要素として。使用する場合にも少量で構いません。決してつけ過ぎないこと。そして、頼り過ぎないことが重要です。参考にしてみて下さい。

トリートメントのよくあるご質問一覧へ

トリートメントのご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の声

kazuhiro_uno

costomer_testimonial「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました…続きを読む


takanobu_serizawa

costomer_testimonial「芹澤さんに出会うまでは、髪のボリュームが多く悩んでいて、すこし伸びてくると髪型がきまらないことが…続きを読む


kazuhiro_uno

costomer_testimonial「宇野さんには、約8年間担当いただいております。初めて担当いただいた時、初めて美容師さんに辛口な…続きを読む


お客様の声をもっと見る


お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-03-15 | Posted in トリートメント, パーマ, ヘアカラー, 未分類, 縮毛矯正Comments Closed 

関連記事