ウェットカットって何ですか?

町田美容院の知恵袋 > ヘア用語のよくあるご質問 > ウェットカットって何ですか?

ウェットカットって何ですか?

キャリア16年の
美容師があなたの
髪の疑問や悩みに
本音で答えます。

 宇野 和弘|Kazuhiro Uno

回答者プロフィール:
表参道、渋谷の有名美容室4店舗を経験。キャリア16年。毛髪、薬剤知識が豊富。特にカラーリング、縮毛矯正技術に自信があります。丁寧なカウンセリングをベースにしたカットによるスタイル作り、ヘアケアの両面からアプローチを行うサロンワークで30〜40代の美意識の高い大人の女性から評価を頂いています。

読んで字のごとく髪の毛が濡れている状態でカットすることを言います。

髪の毛が濡れている状態でカットすることです。

 英語のウェット(wet)を直訳すると、濡れたという意味。ヘア用語として使われる場合も、読んで字のごとく髪の毛が濡れている状態でカットすることを言います。

 美容院ごとに様々なカットの理論や技法が存在します。その中で、多くの美容院においてベース(枠組み)のカットをする際に用いられるのが、この髪を濡らして切るウェットカットです。

・しっかり長さを切る、バッサリ切る。
・スタイルチェンジをする。

 こういった場合に、まず髪が濡れてる状態でウェットカットをし、枠組みを作る。そのうえでドライカット(髪が乾いた状態でのカット)で量感や質感を調整していく、というのが一般的です。

濡れているほうがハサミが滑らず切り込みやすい?

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、私自身も普段のサロンワークでカットをする際に、まずはベース(枠組み)のカットを髪を濡らした状態で。その後、一度ドライとブローをした後で完全に乾いてから、今度は毛量を取っていく、質感を整えていくという順番をとります。

 各美容院や美容師ごとに様々な理論や技法があるため一概に言えませんが、

・バッサリ切る場合には髪が濡れてるほうが切りやすい。
・髪が濡れているほうがハサミが滑らず、切り込みやすい。

 といった点が、美容師がベース(枠組み)のカットをする際にウェットカットを用いる大きな理由です。

ヘア用語のよくあるご質問一覧へ

ヘア用語のよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する


よく読まれている記事

kazuhiro_uno

monohair_blog「美容師300人に愛用シャンプーを聞いてプロが選ぶ本当のオススメ人気ランキングを調べてみた…続きを読む


kazuhiro_uno

monohair_blog「縮毛矯正とストレートパーマでやっちゃダメなことも完全網羅。経歴16年の現役美容師が2つの違い教えます…続きを読む


kazuhiro_uno

monohair_blog「美容師が独立3ヶ月で月商100万円。激戦エリアでホットペッパー無し。個人メディアと1人営業で集客してみた…続きを読む


お客様の声

kazuhiro_uno

costomer_testimonial「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました…続きを読む


takanobu_serizawa

costomer_testimonial「芹澤さんに出会うまでは、髪のボリュームが多く悩んでいて、すこし伸びてくると髪型がきまらないことが…続きを読む


kazuhiro_uno

costomer_testimonial「宇野さんには、約8年間担当いただいております。初めて担当いただいた時、初めて美容師さんに辛口な…続きを読む

お客様の声をもっと見る


お客様の施術事例


monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-06-03 | Posted in カット, ヘア用語, 未分類Comments Closed 

関連記事