アルカリ性カラーって何ですか?

町田美容院の知恵袋 > ヘア用語のよくあるご質問 > アルカリ性カラーって何ですか?

アルカリ性カラーって何ですか?

.

通常カラー剤として用いられるファッションカラー(おしゃれ染め)や白髪染めのことを指します。

通常のファッションカラーや白髪染めのことです。

 アルカリ性カラーとは、通常カラー剤として用いられるファッションカラー(おしゃれ染め)や白髪染めのことを指します(一方で、アルカリと逆の酸性カラーと呼ばれるのがヘアマニキュアです)。

 原則としてアルカリ性カラーは、髪をリフトアップ(脱色して明度を上げること)をしながら色味を入れます。そのためアルカリ性カラーを使う場合は、どんな色味を選択した場合でも必ず髪にダメージが生じます。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、髪を明るくするということは、イコール、「髪内部のタンパク質やメラニン色素を破壊しながら“明るくしていく”」ことに他なりません。髪を明るくすればするほど、比例して髪への負担やダメージは大きくなります。そのため、アルカリ性カラーで染める場合は髪への負担やダメージを避けることはできません。

 一方で、酸性カラーのヘアマニキュアはあくまで髪の表面をコーティングする薬剤。髪の内部に浸透させて作用させるものではないため、ダメージは全くありません。髪を傷めずカラーを入れることができます。

選択できる色味も豊富。狙った色味にすることも。

 髪への負担やダメージが避けられないアルカリ性カラーですが、もちろん大きなメリットもあります。

 例えばアルカリ性カラーは、酸性カラーと比較して色味の幅はかなり広がります。色を明るくしながら染めることができるため選択できる色味も豊富。よりお客様の狙った色味で仕上げることができます。

 実際、サロンワークをしていると8〜9割の方がアルカリ性カラーのファッションカラー(おしゃれ染め)や白髪染めを使って髪を染めます。これは色味の幅が広いことがその大きな理由です。

 一方で、髪への負担やダメージがない酸性カラーのヘアマニキュアは色味の幅がアルカリ性カラーほど多くありません。原則としてヘアマニキュアは、明るい地毛や明るい白髪に対して色を入れながら暗いトーンにすること、落ち着かせることがメインのカラー剤です。反対に色を明るくしていくことはできないため、色味の選択肢もある程度限られてしまいます。

ヘア用語のよくあるご質問一覧へ

ヘア用語のよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-06-01 | Posted in ヘアカラー, ヘア用語, 未分類, 白髪染めComments Closed 

関連記事