プリンな髪にヘナカラーしても根元部分が染まらずプリンのままになりますか?

町田美容院の知恵袋 > カラーのよくあるご質問 > プリンな髪にヘナカラーしても根元部分が染まらずプリンのままになりますか?

今度初めて行く美容室でヘナカラーをしてもらう予定です(化学的な成分の入ったケミカルヘナではないナチュラルヘナです)。今は2ヶ月前に通常カラーを入れたまま放置しているので、いわゆるプリン状態です。色味として1トーン程度落としてヘナカラーしようと思っています。以前、明るめのカラーを入れた部分にはヘナで暗くできると思いますが、伸びてきた根元部分の黒髪にもヘナカラーは色が入るのでしょうか?もし、ヘナが根元部分に入らないとプリンが解決されないので迷っています。アドバイスお願いします。

.

お客様が懸念されている通り、根元の黒髪部分にヘナカラーを乗せても色味の変化というのはありません。通常のカラー剤を使って、根元の新生毛はリフトアップ(髪を元の色より明るく染めたり、脱色すること)のカラーリング。一方で毛先はトーンダウンした色味を入れて、全体を均一に馴染ませるのがオススメです。

根元の黒髪にヘナを乗せても色味の変化は無い。

「ヘナが根元部分に入らないとプリンが解決されないので迷っています」とのことですが、お客様が懸念されている通り、根元の黒髪部分にヘナカラーを乗せても色味の変化というのはありません。

 もし、プリン状態の髪色を直したい場合は、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、根元の伸びてきた新生毛(しんせいもう)と呼ばれる部分と、既にカラーで染まっている既染部(きせんぶ)と呼ばれる部分、それぞれに全く違う薬剤を使ってカラーを入れる必要があります。

 一方で、ヘナはヘアマニキュアと同様に髪の毛を明るくする成分は一切入っていません。ヘナカラーだと明るく染まっている毛先部分には色味を入れることができますが、根元の黒髪部分には髪色を入れる(明るく)することはできません。

 お客様のケースでは、通常のカラー剤を使って、根元の新生毛はリフトアップ(髪を元の色より明るく染めたり、脱色すること)のカラーリング。一方で毛先はトーンダウンした色味を入れて、全体を均一に馴染ませるのがオススメです。この場合、やはりヘナカラーではなく、通常のカラー剤の使用がベストです。参考にしてみて下さい。

カラーのよくあるご質問一覧へ

カラーのよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-03-07 | Posted in ヘアカラー, 未分類Comments Closed 

関連記事