枝毛ばかりで髪はボロボロ。こんな状態で縮毛矯正できる?効果が弱まったりしますか?

町田美容院の知恵袋 > 縮毛矯正のよくあるご質問 > 枝毛ばかりで髪はボロボロ。こんな状態で縮毛矯正できる?効果が弱まったりしますか?

今の髪は枝毛ばかりで髪はボロボロです。こんな状態ですがくせ毛も酷く縮毛矯正をかけたいです。今はアイロンを使って伸ばしていますが、こんなボロボロの髪でも縮毛矯正できますか?効果が弱まってしまったりしますか?

.

今の髪の状態で縮毛矯正をかけることは絶対にオススメできません。ご要望とは異なってしまいますが、縮毛矯正をご検討頂くのはビビってしまっている毛髪部分がカットされて無くなった後がオススメです。参考にしてみて下さい。

髪の毛はポーラス状態やビビリ毛と呼ばれる状態?

「今の髪は枝毛ばかりで髪はボロボロです…」とのことですが、実際にお客様の髪を診てみないと断定はできませんが、もしかすると髪の毛がいわゆるポーラス状態やビビリ毛と呼ばれる状態になってしまっているかもしれません。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、薬剤を過剰反応させてしまうことで、著しく髪のコンディションを落としたダメージヘアのことを私たち美容師は「ビビリ毛」、あるいは「ポーラス毛(状態)とも言います。

 髪の毛はその構造をよく、のり巻きに例えて表現します。通常、健康な髪というのは「海苔の中にお米や具材がびっしりと詰まったのり巻き」に近い構造になっています。一方で、ビビリ毛やポーラス毛というのは、「中身のお米や具材(たんぱく質)が抜けてしまい、外側の海苔しか残っていない」状態に近いと言えます。

・もはや髪というより、抜け殻のようになってしまっている。
・少し触っただけで、パツパツと髪が切れていってしまう。

 こういった状態をポーラス状態と言います。「ビビリ毛」や「ポーラス毛(状態)」というのは言ってしまえば、髪の毛の内部がストローのように空洞になってしまっている状態とも言えます。

最悪の場合、断毛や髪の毛が溶けていってしまう。

 中が空洞になり、非常にデリケートになっている状態では、当然ですが美容院の中でも最大級にダメージが伴う施術(メニュー)である縮毛矯正をかけることはできません。

・仮に縮毛矯正をかけてしまえば、髪がもっとチリついてしまう。
・最悪の場合、断毛したり薬剤反応で髪の毛が溶けていってしまう。

 といったリスクも高まります。

「こんなボロボロの髪でも縮毛矯正できますか?効果が弱まってしまったりしますか?」とのことですが、今の髪の状態で縮毛矯正をかけることは絶対にオススメできません。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、ビビリ毛やポーラス毛になってしまっている場合、一番の解決方法はやはり傷んだ髪をカットすることです。ご要望とは異なってしまいますが、縮毛矯正をご検討頂くのはビビってしまっている毛髪部分がカットされて無くなった後がオススメです。どうかご理解頂ければと思います。

 参考にしてみて下さい。

縮毛矯正のよくあるご質問一覧へ

縮毛矯正のよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-05-19 | Posted in カット, 未分類, 縮毛矯正Comments Closed 

関連記事