テストページ

町田美容院の知恵袋 > お客様の施術事例 > 見た目は重めの印象を残しつつ、手触りや操作性は軽い丸みがあるグラデーションボブにカット

担当させて頂いた
お客様の施術事例
やヘアスタイルを
紹介いたします。

 芹澤 隆信|Takanobu Serizawa

担当者プロフィール:
スタイリスト歴9年。特にカットとカラーリング技術に自信があります。出場者400人のコンテストで2011年5位入賞。2012年4位入賞。出場者1,000名超えの大会でも、2011年、2012年、2014年で賞を獲得など多数の受賞歴あり。お客様の本音を引き出すカウンセリングをベースに、正確かつプラスアルファのデザインを作り出すカット技術と、ツヤ感にこだわったカラーリングで多くのお客様から支持を得ています。

重めワンレンボブ→丸みがあるグラデーションボブにカット

本日はS様にご来店いただきました。

今回は

「短くしたいけど、縛ったり巻いたりできる長さにしたい」
「見た目は重いボブにしたいけど、毛量は減らして軽くしたい」
「後頭部は丸みもほしい」

といったリクエストを頂きました。

Before|施術前

monohair
monohair
monohair

施術内容

まずは、シンプルに後頭部に丸みが出るようにグラデーションボブにカット。ブロー後に毛量調節を行っていきます。

見た目に大きな影響を及ぼす部分はチョップカット(※あえてぼかしながら切って柔らかい印象を与えるカット)でぼかす程度に。

見た目に大きな影響が出ない部分に関しては、すきバサミで丁寧に毛量を落とし、左右で毛量が違う箇所も左右対称になるよう毛量調節していきます。

こうすることで、見た目的には重めの印象を残しつつ、手触りや操作性は軽いボブスタイルを作ることができます。

↓↓↓

After|施術後

monohair
monohair
monohair

長さは短くしつつも、縛る、巻くなどアレンジが楽しめるギリギリの長さを維持してカット。

見た目的にも重めの印象を残しつつ、手触りや操作性は軽い。後頭部もしっかりと丸みが出るボブスタイルに仕上げました。

ぜひ、参考にしてみてください。

monohair

お客様の施術事例一覧へ