カラーリングしている髪のほうがパーマがかかりやすいって本当ですか?

町田美容院の知恵袋 > カラーのよくあるご質問 > カラーリングしている髪のほうがパーマがかかりやすいって本当ですか?

今、担当してもらっている美容師さんに「パーマをかけるならカラーで髪が染まっていたほうが良い」と言われました。本当でしょうか?カラーした髪にパーマをかけるとなると髪は傷みそうですが、トリートメントすればプラマイゼロになるかな、とも思っています。アドバイスお願いします。

.

「良すぎる髪質」の場合、確かにカラー後の、髪に変化を与えやすい状態のほうがパーマがかかりやすいというのは事実です。ただし、どんな施術であっても必ずダメージが残ります。バランスを考えながら狙ったスタイルを作っていけるよう美容師さんと相談するのがオススメです。

良すぎる髪質はパーマがかかりにくいものです。

 実際にお客様の髪質を見てみないことには何とも言えません。ただし、確かに

・黒髪で髪質が良すぎる場合
・黒髪でキューティクルが整いすぎている場合
・黒髪で直毛すぎる場合

 こういった俗に「良い髪質」と言われる方は、

・パーマをあてても、かかりにくい
・パーマをしても、すぐにとれてしまいやすい

 といった傾向があります。

 こういった「良い髪質」の場合、カラーを入れて髪に変化を与えやすい状態でパーマをあてたほうが、パーマがかかりやすいというのは事実です。もしかすると、お客様の髪質はこの良すぎる髪質の条件に当てはまっていたため、この辺りも考慮をして、担当の美容師さんは「パーマをかけるならカラーで髪が染まっていたほうが良い」と言ったのかもしれません。

施術の回数に比例して髪の負担やダメージも増。

 ただし、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、パーマをかけるにしても、カラーリングをするにしても、髪の毛には間違いなく負担やダメージが蓄積されます。また、施術の回数に比例して髪への負担やダメージは大きくなっていきます。

「トリートメントすればプラマイゼロになるかな、とも思っています」とのことですが、髪の毛というのは、原則として減点法でのみ、どんどん傷んでいくものであって、決して加点されるということはありません。髪質の改善をうたう美容院もありますが、ざっくばらんに言ってしまえば「いくらトリートメントをしたからといって、髪に対してプラスポイントで加点する(髪質がより良く改善される)ことはありません」。一見、ダメージを無くせるように見えるトリートメントも、マイナスを弱めるか、現状を維持する力しかないのです。

 何を優先させるかにもよりますが、なるべく不必要な施術を減らしてダメージを最小限にとどめながら、狙ったスタイルを作っていけるよう美容師さんと相談してみることをオススメします。

カラーのよくあるご質問一覧へ

カラーのよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-03-03 | Posted in トリートメント, パーマ, ヘアカラー, 未分類Comments Closed 

関連記事