昆布系の白髪染め(ヘアカラー)を使うか迷ってます。ダメージが無いって本当ですか?

町田美容院の知恵袋 > 白髪染めのよくあるご質問 > 昆布系の白髪染め(ヘアカラー)を使うか迷ってます。ダメージが無いって本当ですか?

最近、白髪が気になり始めて巷で話題の昆布系の白髪染め(ヘアカラー)を使おうか迷っています。髪へのダメージもほとんど無いと聞きますが、本当のところどうなのでしょうか?

.

美容師側からの正直な意見を言ってしまえば、昆布系の白髪染めはかなりやっかいなものです。プロの美容師としてはあまりオススメできません。

昆布系の白髪染めはかなりやっかいです。

 最近は、昆布系の白髪染めに関するご質問をよく頂くようになりました。実際に利用されたお客様の反応や、その髪を実際に触った美容師側からの正直な意見を言ってしまえば、この昆布系の白髪染めはかなりやっかいなものです。

 もちろん個人差はあるかと思いますが、実際に、

・使ってみたけど白髪があまり染まらない。色ムラになってしまう。
・特殊なコーティングがされてしまうので、使用後に美容院に来店してもカラーチェンジ(色味の変更)が難しい。
・一度、使われてしまうと美容師が手を入れづらくなってしまう。美容師のあいだでは美容師泣かせで有名。

 といった結果になる人が多くいます。ざっくばらんな話をしてしまえばプロの美容師としてはあまりオススメできるものではありません。

髪へのダメージのない白髪染めは存在しない。

 確かに繰り返し定期的に使用する白髪染めは、薬剤による髪への負担やダメージが気になります。また、最近では白髪染めの中にもダメージや負担が少ないことをうたった商品も多数見かけます。ただし、白髪染めをして「ダメージがほとんどない」というのは正直言うとウソになります。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、髪の毛というのはもともと弱酸性です。そこに対して髪の毛にはないアルカリ性の白髪染めを使うわけですから、頭皮や髪の毛に負担が無いといえばウソになります。ダメージというのは確実にあります。どんな白髪染めを使おうとも、枝毛が出やすくなったり、パサつきが出やすくなる、ということはあります。

 もちろん、美容院で白髪染めを行なう場合には、その中でも、髪質や白髪、ダメージの状況に応じて、薬剤設定したり、細かい薬剤の塗り分けを行なうことで髪への負担やダメージを最小限に抑える努力をしてくれます。また、最近では白髪染めの薬剤もかなり進化していますので、担当の美容師さんと相談しながらダメージを抑えた最適な白髪染め選びをして頂ければと思います。

白髪染めのよくあるご質問一覧へ

白髪染めのよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-02-22 | Posted in ヘアカラー, 未分類, 白髪染めComments Closed 

関連記事