ケラチンって何ですか?

町田美容院の知恵袋 > ヘア用語のよくあるご質問 > ケラチンって何ですか?

ケラチンって何ですか?

.

髪の毛や爪の主成分であり、細胞骨格を構成するタンパク質の一つです。

ケラチンは細胞骨格を構成するタンパク質の一つ。

 ケラチンとは細胞骨格を構成するタンパク質の一つです。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、髪の毛や爪はこのケラチンと呼ばれるタンパク質を主成分として出来ています。そのため、カラーリングやパーマ前に髪がかなりダメージしている場合など、施術前に予めケラチンの原液をつけ前処理をしてから施術を行うこともあります。

 なお、平たく言ってしまえば髪の毛というのは、このケラチンと呼ばれる硬いタンパク質を高密度に含んだ「既に死んでいる細胞」とも言えます。

 一度割れてしまった爪、ヒビが入って折れてしまった爪は、ハンドクリームや爪用クリームを塗っても元には戻りません。これは爪はあくまでケラチン(と呼ばれるタンパク質)を多く含んだ「既に死んだ細胞」に過ぎないからです。

髪質改善やダメージ補修なんて本当はあり得ない?

 これは髪の毛も同様のことが言えます。

 美容院の中には「やればやるだけ髪質が改善さていく、ダメージが補修されていくカラーリングやヘアメニューがある」とうたっているところも多いのですが、ざっくばらんな話をしてしまえば、それらは全くのウソです。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、そもそも髪の毛というのは、原則として減点法でのみ、どんどん傷んでいくものであって、決して加点されるということはありません。いくら良いトリートメントやヘアパックを使っても、一度、傷んでしまった髪の毛が元に戻ることはほぼありません。

 こういった事実からも、やはり日頃から髪質や頭皮の環境に合ったシャンプーを使うなど、お風呂場でのヘアケアを中心としたホームケアが何より大事になります。

ヘア用語のよくあるご質問一覧へ

ヘア用語のよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-06-06 | Posted in トリートメント, パーマ, ヘアカラー, ヘア用語, 未分類Comments Closed 

関連記事