一度、白髪染めで黒くした髪の毛を再び明るくするのは難しいのですか?

町田美容院の知恵袋 > 白髪染めのよくあるご質問 > 一度、白髪染めで黒くした髪の毛を再び明るくするのは難しいのですか?

今、ロングヘアーですが、白髪染めをしようとしたら、美容師さんから「もし長い髪全体に白髪染めをしてして暗くしてしまうと、今後明るくしたい時に色が入りづらいですが大丈夫ですか?」と聞かれ、怖くなっていったん保留にしてもらっています。一度、白髪染めで黒くした髪の毛を再び明るくするのは、そんなに難しいのでしょうか?

.

白髪染めに限らず、ヘアカラーやヘアマニキュアで黒髪にした場合でも、白髪染めを混ぜる薬剤でも混ぜない薬剤でも、原則として5〜6トーンなど、一度、暗く染めた髪の毛を再び明るい色にする、というのは非常に難しい施術になります。

一度、暗くした髪を明るくするのは難しい施術。

 これは白髪染めに限らず、ヘアカラーやヘアマニキュアで黒髪にした場合でも、白髪染めを混ぜる薬剤でも混ぜない薬剤でも、

 原則として5〜6トーンなど、一度、暗く染めた髪の毛を再び明るい色にする、というのは非常に難しい施術になります。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、

 長いあいだ暗めのトーンで白髪染めをされてきた場合は、次回以降、明るめの色を希望されても1回のカラーリングで上手く染めることができない可能性があります。

 実際に、暗めのトーンで長いあいだ白髪染めをしてきた、あるお客様は1年半〜2年ほどの長い時間をかけて(プランニングして)ようやく理想の明るい髪色に近づけていくことができました。

 一度、暗く染めた髪の毛を再び明るくする場合はブリーチ剤や、白髪染めで染められている場合は脱染剤(だっせんざい)と呼ばれる特殊な薬剤を使います。

 黒く染めた色素やコーティングを剥がす作業が必要となるのです。

 そのため、仮に美容院にお願いしたとしても1度で明るい色にすることは難しく、最低2回は施術を行なうことになります。

カラーチェンジは髪への負担も考慮して下さい。

 また、実際に上記のようなブリーチ剤や脱染剤を用いたメニューを行なう場合も、髪の毛にはかなりのダメージが残るため、髪への負担を考慮する必要があります。

 一度、髪色を暗くした後に明るい色へのカラーチェンジを検討する場合は、その辺りを踏まえたうえで、

・なおダメージ覚悟で明るい色を目指すのか
・あるいは少しの時間、暗い髪で我慢するのか

 といったことを考える必要があります。

 一度、白髪染めを行った髪の毛は、カットして無くなるまで2年経とうが、3年経とうが、影響は少なからず残ります。

 ロングヘアーを黒染めした場合、そのロングヘアーをキープし続ける限り、本当に長いあいだ(2〜3年)は影響が残ります。

 その辺りも踏まえて黒染めを検討して頂ければと思います。

 参考にしてみて下さい。

白髪染めのよくあるご質問一覧へ

白髪染めのよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-02-20 | Posted in カット, ヘアカラー, 白髪染めComments Closed 

関連記事