根元の既染部(きせんぶ)が金髪になってしまった。なぜ?

町田美容院の知恵袋 > カラーのよくあるご質問 > 根元の既染部(きせんぶ)が金髪になってしまった。なぜ?

美容院に行った後、以前カラーした既染部(きせんぶ)、特に髪の根元部分が金髪になってしまいました。なぜですか?

.

美容師さんが薬剤設定を間違えたため、もともと入れていたカラー剤が落ちて、明るい色味になってしまった可能性が考えられます。

美容師が薬剤設定を間違えてしまったかも?

「以前カラーした既染部(きせんぶ)、特に髪の根元部分が金髪になってしまいました。なぜですか?」とのことですが、別のよくあるご質問「美容院でパーマ後、根元から10センチが金髪に。この状況をごまかす方法はありますか?」でも紹介したことがありますが、パーマ液など美容院で施術に用いる何らかの薬剤の反応によって、もともと入れていたカラー剤が落ちて、

・明るい色味になってしまう。
・金髪に近い色味になってしまう。

 ということは大いに考えられるリスクです。

 今回、お客様が美容院でどんな施術をしたのか分かりかねますが、例えば、パーマメニューを行っていた場合、パーマの薬剤を乗せた髪の毛には何らかの化学反応が起こります。通常はこの化学反応を利用して狙ったヘアスタイルに仕上げます。

 しかし、例えば担当のスタイリストさんが

・毛髪診断がしっかりと出来ないまま薬剤設定をして施術してしまった。
・イメージしていたものより強めの薬剤をチョイスしてしまった。

 といったために、もともと入れていたカラー剤が落ちて根元だけが金髪になってしまった、という可能性は大いに考えられます。

そもそも髪の根元は毛先より明るくなりやすい。

 また、これも別のよくあるご質問で紹介しましたが、そもそも頭皮に近く、体温の影響を受けやすい髪の根元1センチ部分は、毛先よりも明るくなりやすい特徴があります。

 そのため、例えはカラーメニューを行った場合、特に何も意識せず染めてしまうと、

・体温の影響がある根元1センチだけすごく明るくなってしまう。
・逆に毛先は明るくならず、いわゆる逆プリン状態になってしまう。

 というリスクがあります。このリスクへの対処法として、一般的に美容師は

・根元部分はトーンを抑えたカラー剤を乗せていく
・一方で毛先部分はトーンの明るい、レベルの高いカラー剤を使う

 といった塗り分けを行って逆プリン状態にならないよう染めていきます。もしかすると、この塗り分けを上手く行えず、根元部分だけが明るく、金髪のようになってしまった可能性も考えられます。

 いずれのケースでも、施術してくれた美容院にしっかりと連絡をして、それなりの誠実な対応やお直しをリクエストするのが賢明かと思います。参考にしてみて下さい。

カラーのよくあるご質問一覧へ

カラーのよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-04-08 | Posted in パーマ, ヘアカラー, 未分類Comments Closed 

関連記事