シャギーやレイヤーなど専門用語が分からない。最低限知っておくべき専門用語や言葉は?

町田美容院の知恵袋 > カットのよくあるご質問 > シャギーやレイヤーなど専門用語が分からない。最低限知っておくべき専門用語や言葉は?

美容院でイメージするスタイルを伝えたいのですが、シャギーやレイヤーといった専門用語がサッパリで困っています。美容師さんと最低限コミュニケーションをとるうえで知っておくべき専門用語や言葉はありますか?

.

あまり専門用語にこだわり過ぎず、狙ったスタイルのイメージや写真を担当の美容師さんに見せながら、専門用語にとらわれないオーダーをしていただくのがオススメです。

あまり専門用語にこだわり過ぎずにオーダーを。

「美容院でイメージするスタイルを伝えたいのですが…」とのことですが、美容師としても、狙ったスタイルを作るうえで、やはりカット前のカウンセリングやお客様とのコミュニケーションは非常に重要なものだと考えています。事前のカウンセリングやお客様とのコミュニケーションの中で意思の疎通が出来ていなければ、いくら技術(スキル)があっても納得して頂けるスタイルを作り出すことはできません。

「最低限コミュニケーションをとるうえで知っておくべき専門用語や言葉はありますか?」とのことですが、もちろん美容師用語や専門用語に詳しくなっていただくことは構いません。しかし、ざっくばらんな話をしてしまえば、「シャギー、レイヤー、グラデーションなど様々な専門用語を誤った解釈(理解)で使ってしまっているお客様も非常に多く、それがお客様との意思疎通を妨げる原因になっている」というのも美容師としての本音です(例えば「レイヤー」という言葉一つをとったとしても、美容師の思う「レイヤー」とお客様の思う「レイヤー」はその捉え方や意味が全く違ったりします)。

 ですから、あまり専門用語にこだわり過ぎず、狙ったスタイルのイメージや写真を担当の美容師さんに見せながらオーダーしていただくのが一番です。

「この写真の◯◯という感じにしてみたい」
「この写真の、こういう前髪が理想です」

 といった具合に専門用語にとらわれないオーダーをしていただくほうが、美容師もより、お客様が狙ったスタイルをイメージしやすくなります。参考にしてみて下さい。

カットのよくあるご質問一覧へ

カットのご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-03-28 | Posted in カット, 未分類Comments Closed 

関連記事