束感のある髪型にしたいので「間引く」というカットをして欲しい。技術的に難しいもの?

町田美容院の知恵袋 > カットのよくあるご質問 > 束感のある髪型にしたいので「間引く」というカットをして欲しい。技術的に難しいもの?

束感のある髪型が好きなのでそうしたいのですが、ヘアカタログを見ていると「間引き」というカットでそういう髪型ができるらしです。この間引きというのはどういうことを言いますか?また、技術的に難しいものですか?1,000円カットのようなところでも再現してくれるものでしょうか?あるいはちゃんとした美容師さんに依頼すべきですか?

.

基本的には、どこの美容院に行ったとしても、枠組みのカットだけで施術が終わることはありません。どこの美容院やサロンでも、必要に応じて髪の量を減らしたり、間引くカットを行ってくれます。参考にしてみて下さい。

「間引く」とは髪の量を減らすカットのこと。

「この間引きというのはどういうことを言いますか?」とのことですが、一般的に「間引き」あるいは「間引く」とは、髪の量を減らすことを言います。いわゆるセニング(すきバサミ)で量を減らして髪の中に隙間を作ることもそうですし、細かく毛束をとりながらハサミで中間部分を抜いていくことも間引きといいます。

 ただし、一言に「間引き」と言っても、そのカット手法やそのスキルは様々です。美容院ごとにカットのマニュアルも違いますし、仮に同じ店であっても美容師ごとに好みのカット方法というのが存在するため、なかなか一概には言えません。

あまり難しく考えすぎてリクエストせずに…。

「束感のある髪型が好きなので…」とのことですが、ざっくばらんな話をしてしまえば、すきバサミで間引いたほうが綺麗な束感を出せる髪質の方もいれば、そうでない方もいます。間引くことで髪がパサついてしまう方もいるので注意が必要です。

「間引く」というのはあくまで、狙ったスタイルを作るうえでのアプローチ(プロセス)の一つに過ぎません。あまり難しく考えすぎて「間引いて欲しい」というリクエストをするよりも、お客様が狙っていくスタイルを、例えば「束感のある髪型にしたいので…」という形で美容師さんにリクエストするほうがオススメです。お客様の髪質によっては、束感のある髪型を作るうえで、間引くよりも、より最適なアプローチがある場合もあります。

「技術的に難しいものですか?1,000円カットのようなところでも再現してくれるものでしょうか?」とのことですが、基本的には、どこの美容院に行ったとしても、枠組みのカットだけで施術が終わることはありません。どこの美容院やサロンでも、必要に応じて髪の量を減らしたり、間引くカットを行ってくれます。参考にしてみて下さい。

カットのよくあるご質問一覧へ

カットのご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-03-26 | Posted in カット, 未分類Comments Closed 

関連記事