白に近い金髪にニュアンスかウェーブパーマをかけたい。カラーとパーマの順番や間隔は?

町田美容院の知恵袋 > パーマのよくあるご質問 > 白に近い金髪にニュアンスかウェーブパーマをかけたい。カラーとパーマの順番や間隔は?

理想としては白に近い感じで明るい金髪にし、ニュアンスかウェーブパーマをかけたいと思います。カラーは市販のものを使用するつもりです。この場合、パーマとカラーの順番、両者の間隔などを教えて欲しいです。

キャリア14年の
美容師があなたの
髪の疑問や悩みに
本音で答えます。

 宇野 和弘|Kazuhiro Uno

回答者プロフィール:
表参道、渋谷の有名美容室4店舗を経験。キャリア14年。毛髪、薬剤知識が豊富。特にカラーリング、縮毛矯正技術に自信があります。丁寧なカウンセリングをベースにしたカットによるスタイル作り、ヘアケアの両面からアプローチを行うサロンワークで30〜40代の美意識の高い大人の女性から評価を頂いています。

おそらくお客様が希望する色味を出すためにはブリーチの使用が必須となります。ただし、基本的に一度でもブリーチをしている髪に対してパーマは絶対にNGです。ブリーチ+パーマはかなりリスクの高い施術となってしまうため、コテやヘアアイロンを使ってヘアアレンジを楽しむのがオススメです。参考にしてみて下さい。

ブリーチ後の髪にパーマは絶対にNGです。

「理想としては白に近い感じで明るい金髪にし…」とのことですが、おそらくこの色味を出すためにはブリーチの使用が必須となります。

 特に「白いに近い感じで…」ということのなので、ブリーチを2回、3回と繰り返さないとなかなかイメージした色には近づかないと思います。

 この前提を踏まえたうえで、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、

 基本的に一度でもブリーチをしている髪に対してパーマは絶対にNGです。美容師として絶対にオススメできません。

 ブリーチというのは1回だけで、髪の毛をかなり特殊な状態にし、そのコンディションを落としてしまう施術です。

 そのブリーチを2回、3回と繰り返す過程で髪の毛のコンディションは著しく悪化し、非常にデリケートな状態になります。

 このデリケートで、しかもダメージ耐性が無くなっている髪に対して、さらにダメージの大きなパーマをあててしまえば

・髪の毛が溶けてしまう
・髪の毛が断毛してしまう

 といったリスクが大きくなってしまいます。

 ですから、繰り返しますが一度でもブリーチをしている髪に対してパーマは絶対にNGです。美容師として絶対にオススメできません。

 もし、金髪に近い髪色でパーマっぽいスタイルを出したい場合は、無理にパーマをあてるのではなく、コテやヘアアイロンを使ってヘアアレンジを楽しむのがオススメです。

 もちろん、コテやヘアアイロンもダメージが全くゼロになるわけではありませんが、ブリーチ後の髪に対してパーマをかけるよりもリスクはグッと減らすことができます。

 参考にしてみて下さい。

パーマのよくあるご質問一覧へ

パーマのご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の声

kazuhiro_uno

costomer_testimonial「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました…続きを読む


takanobu_serizawa

costomer_testimonial「芹澤さんに出会うまでは、髪のボリュームが多く悩んでいて、すこし伸びてくると髪型がきまらないことが…続きを読む


kazuhiro_uno

costomer_testimonial「宇野さんには、約8年間担当いただいております。初めて担当いただいた時、初めて美容師さんに辛口な…続きを読む


お客様の声をもっと見る


お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-03-22 | Posted in パーマ, ヘアカラーComments Closed 

関連記事