パーマに失敗して細かいチリチリパーマに。パーマを落とすにはストパーですか?

町田美容院の知恵袋 > パーマのよくあるご質問 > パーマに失敗して細かいチリチリパーマに。パーマを落とすにはストパーですか?

先日、SNS経由で見つけた美容院でカットカラーパーマをやりました。その美容師さんは「都内の某有名美容室から独立して美容師になってもう何年…」みたいな話をしていたのですっかり信用していました。今考えればカットカラーパーマで8,000円という金額だったのでしょうがないのかもしれませんが、仕上がりは最悪でした。内巻きパーマのリクエストも、仕上がりは細かいチリチリのパーマです。「ドライ時に内巻きに乾かせば問題ない」と美容師さんは言っていましたが、帰宅後スタイリングしても内巻きにはなりません。毛先がひどく傷んでいる髪型にしかなりません。なんとかまともな髪型に直したいのですが、パーマは落とせるのでしょうか?この場合は、やはりストレートパーマになりますか?もともと直毛なのでストパーかけちゃうと、内巻きアレンジが効かなくなったり、ボリュームが無くなるのでは?と心配です。

キャリア16年の
美容師があなたの
髪の疑問や悩みに
本音で答えます。

 宇野 和弘|Kazuhiro Uno

回答者プロフィール:
表参道、渋谷の有名美容室4店舗を経験。キャリア16年。毛髪、薬剤知識が豊富。特にカラーリング、縮毛矯正技術に自信があります。丁寧なカウンセリングをベースにしたカットによるスタイル作り、ヘアケアの両面からアプローチを行うサロンワークで30〜40代の美意識の高い大人の女性から評価を頂いています。

今かかっているパーマを落としたい場合には、やはりストレートパーマをかけて前回のパーマを落とすことになります。ただし、お客様の髪は「ビビリ毛」になってしまっている可能性が考えられます。この場合、安易な施術はできませんので注意が必要です。

パーマを落としにはストレートパーマを。

「パーマは落とせるのでしょうか?この場合は、やはりストレートパーマになりますか?」とのことですが

縮毛矯正とストレートパーマの違い。経歴16年の現役美容師が教えます」というページでの中でも紹介しましたが

・パーマはかけたけど、仕上がりどうしても気に入らない。
・狙っていたスタイル、イメージしたスタイルよりかかり過ぎてしまった。
・今かかっているパーマを落としたい。

こういった場合には、原則としてストレートパーマをかけて、前回のパーマを落とすことになります。

お客様の場合も(ダメージをゼロにすることはできませんが)髪への負担を最小限に抑えながらストレートパーマでパーマを落とすことは可能です。

ビビリ毛になってしまっている場合は注意。

ただし、お客様のご相談を見ていて気になるポイントが一つ。

「内巻きパーマのリクエストも、仕上がりは細かいチリチリのパーマです」という点です。

仕上がりが「細かいチリチリのパーマ…」ということなので、私たち美容師用語で言うところの、いわゆる「ビビリ毛」になってしまっている可能性が考えられます。

ビビリ毛とは、薬剤を過剰反応させてしまうことで著しくコンディションを落としたダメージヘアのことを言います。

薬剤が過剰反応することによって、すでに著しくコンディションを落としている髪の毛に対して、さらに薬剤を反応させてしまった場合、髪が断毛してしまう可能性も考えられます。

今回のように「ビビリ毛になってしまった髪に対してストレートパーマをかける」というのは非常に難しい施術であり、かなりデリケートな作業になるため、最大限の注意が必要となります。



ビビリ毛をごまかすためには

・かなりの経験値、キャリアを持つ美容師さんに施術してもらう。
・技術力があって毛髪知識も豊富な信頼できる美容師さんに頼む。

といったことが必要不可欠であり、安易にストレートパーマをかけたり、なんとなくで美容院で施術を受けるのは絶対にNGです。


ビビリ毛の解決方法はカットして無くすこと。

また、「なんとかまともな髪型に直したいのですが…」とのことですが、もし、本当にビビリ毛になってしまっている場合、一番の解決方法はやはり傷んだ髪をカットすることです。

お客様が望まれる解決方法とは異なってしまうかもしれませんが、「ビビってしまっている毛髪部分をカットして無くしてしまうことが一番の対策である」ということをどうかご理解下さい。

この辺りも含めて、一度、相談できる信頼できる美容師さんにアドバイスをもらうのがオススメです。

なお、「もともと直毛なのでストパーかけちゃうと、内巻きアレンジが効かなくなったり、ボリュームが無くなるのでは?と心配です」とのことですが

ビビリ毛などの前提条件が無い場合の一般的な回答としては、やはりストレートパーマや縮毛矯正をかけた後の髪というのは、ヘアアレンジがとれやすくなるものです。

ただし、スタイリング剤の使い方などでカバーできる部分ではあるので、ぜひ信頼できる美容師さんに相談してみて下さい。


パーマのよくあるご質問一覧へ

パーマのご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する


よく読まれている記事

kazuhiro_uno

monohair_blog「美容師300人に愛用シャンプーを聞いてプロが選ぶ本当のオススメ人気ランキングを調べてみた…続きを読む


kazuhiro_uno

monohair_blog「縮毛矯正とストレートパーマでやっちゃダメなことも完全網羅。経歴16年の現役美容師が2つの違い教えます…続きを読む


kazuhiro_uno

monohair_blog「美容師が独立3ヶ月で月商100万円。激戦エリアでホットペッパー無し。個人メディアと1人営業で集客してみた…続きを読む


お客様の声

kazuhiro_uno

costomer_testimonial「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました…続きを読む


takanobu_serizawa

costomer_testimonial「芹澤さんに出会うまでは、髪のボリュームが多く悩んでいて、すこし伸びてくると髪型がきまらないことが…続きを読む


kazuhiro_uno

costomer_testimonial「宇野さんには、約8年間担当いただいております。初めて担当いただいた時、初めて美容師さんに辛口な…続きを読む


お客様の声をもっと見る


お客様の施術事例


monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-03-20 | Posted in カット, パーマ, ヘアカラー, 縮毛矯正Comments Closed 

関連記事