市販のカラー剤でセルフカラー。髪を明るくしようとしたのに逆に暗い色になってしまった

町田美容院の知恵袋 > カラーのよくあるご質問 > 市販のカラー剤でセルフカラー。髪を明るくしようとしたのに逆に暗い色になってしまった

今日、市販のカラー剤でセルフカラーし、髪を明るくしようとしましたが、逆に暗い色味になってしまいました。なぜでしょうか?1週間後、再度、美容院で髪を明るく染めてもらうと思います。ブリーチしてからカラーできるのでしょうか?それとも、普通にカラーしたほうがいいのでしょうか?

.

毛先に縮毛矯正やデジタルパーマなどをしたことがあり、そこに寒色系の色でカラーしたため、髪色が暗くなってしまった可能性は考えられます。また、次回美容院に行く際には、しっかりと過去の情報を美容師さんに伝えることで、ミスを減らしたり、最適なカラー剤をチョイスしてもらえます。

縮毛矯正やデジタルパーマ後に寒色系のカラー?

「髪を明るくしようとしましたが、逆に暗い色味になってしまいました…」とのことですが、誤って暗くする薬剤(黒染めや白髪染め)を選択してしまった、という可能性は低いと思います。

 そうすると考えられる可能性としては、

・毛先に縮毛矯正やデジタルパーマなどをしたことがあった(履歴があった)。
・そこにアッシュ系やオリーブ系などの寒色系と言われる赤味のない色でカラーした。

 この場合、アッシュやオリーブの色味が強く出すぎてしまい、カラーした髪色を「暗い」と感じることは稀にあります。なかなか文面だけで、正確な診断をすることは難しいですが、そういった可能性もあって髪色が暗くなっているのでは?と思います。

過去の履歴をしっかりと説明するのがオススメ。

「1週間後、再度、美容院で髪を明るく染めてもらうと思います…」とのことで、美容院に行って明るく染め直す、というアプローチは良いと思います。この場合、しっかりと明るい色味にしたい場合は、1回ブリーチをして、その後にカラーを入れることも可能です。もし、そこまで明るくせず、自然な色味で髪色を仕上げたいのであれば普通のカラーリングでも構いません。

 ここで注意して頂きたいのは、次回美容院に行く際には必ず美容師さんに「前回、◯◯ということがあった。1週間前に◯◯というカラー剤を使って今、この髪の状態になっています」という過去の履歴をしっかりと説明して下さい。事前にしっかりと過去の情報を美容師さんに伝えることで、

・今後、カラーリングでミスをすることを減らせます。
・美容師さんも過去の履歴を踏まえたうえで最適なカラー剤をチョイスできます

 参考にしてみて下さい。

カラーのよくあるご質問一覧へ

カラーのよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-03-09 | Posted in パーマ, ヘアカラー, 未分類, 白髪染め, 縮毛矯正Comments Closed 

関連記事