マット系のカラーを選んだつもりが赤みがかかったカラーに。日が経てばマットになるの?

町田美容院の知恵袋 > カラーのよくあるご質問 > マット系のカラーを選んだつもりが赤みがかかったカラーに。日が経てばマットになるの?

先ほど美容院でカラーしてきました。明るくなり過ぎるのはアレだったので、マットの7という色味を選びました。サンプルで見た時は気に入った色味だったのですが、実際染めてみると、あまりカラーを入れた感じがしません(変化を感じられません)。緑っぽくなるかなーと思っていましたが、どちらかといえば赤みがかかった感じです。初めてなので分からないのですが、これは日が経てば狙った色味になっていくものでしょうか?

.

美容師さんの薬剤の配合ミスや毛髪診断の甘さが原因だと思われます。日にちが経過するにつれて、さらに赤味が出てきてしまう可能性もあります。すぐにカラーをお願いした美容院に連絡し、染め直しのリクエストをするのがオススメです。

赤みのある黒髪をマット系にするのは難易度高。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、同じ黒髪の日本人の髪の毛(地毛)も、大きく分けて赤色メラニンと黄色メラニンの2種類が存在します(※メラニン[melanin]は、ヒトを含む動物、植物などにおいて形成される色素のこと。メラニン色素とも)。このうち日本人は7割以上の方が「赤みがかった黒髪」だと言われています。

 美術の時間でも習ったことがあるかと思いますが、緑と赤は真逆の色です。そのため、仮にお客様の髪色が赤みがかった黒髪の場合、その黒髪をマット(グリーン)系の色、もしくはアッシュ(グレー)系の色にするというのは、いわゆる反対色に染めるのと同じ行為で、技術的にはかなり難しくなります。

 色見本(サンプル)ではマット(グリーン)系だったとしても

・マットが出しづらい髪質だと毛髪診断できずに染めてしまった
・美容師さんの薬剤の配合ミスや、判断の甘さ

 といったことが原因で「どちらかといえば赤みがかかった感じ…」という髪色になってしまったものと思われます。「これは日が経てば狙った色味になっていくものでしょうか?」とのことですが、日にちが経過するにつれて、さらに赤味が出てきてしまう可能性があります。すぐにカラーをお願いした美容院に連絡し、染め直しのリクエストをするのがオススメです。

カラーのよくあるご質問一覧へ

カラーのよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-03-06 | Posted in ヘアカラー, 未分類Comments Closed 

関連記事