市販のカラー剤と美容院のカラー剤は何が違う?美容院のほうが良い成分なのですか?

町田美容院の知恵袋 > カラーのよくあるご質問 > 市販のカラー剤と美容院のカラー剤は何が違う?美容院のほうが良い成分なのですか?

市販のカラー剤と美容院のカラー剤は何が違うのでしょうか?やはり美容院のカラー剤のほうが、良い成分が使用されているのでしょうか?

.

市販のカラー剤でも美容院のカラー剤でも、成分のバランス的には、そこまで大きな違いはありません。ただし、薬剤の強さには違いがあります。また「何で染めるか?」も重要ですが、それ以上に「誰が染めるか?」が重要であることも、どうかご理解下さい。

市販のカラー剤は、かなり強めの薬剤です。

 市販のカラー剤でも美容院のカラー剤でも、成分のバランス的には、そこまで大きな違いはありません。ただし、薬剤の強さには違いがあります。

 おしゃれ染め(通常のカラー)でも、白髪染めでも、市販されているカラー剤というのは、その商品設計上、どうしても万人受けする(より多くの人の髪をしっかり染める)ことが優先されます。そのため、使用者の髪質や髪の状態に左右されずにしっかりと染めることを目的とするため、かなり強めの薬剤が使用されています。

 実際、市販のカラー剤を販売するメーカーさんに寄せられる一番多いクレームは

「ちゃんと染まらなかった」
「ちゃんと明るくならなかった」

 という意見です。この辺りの事情もあって、どうしても市販のカラー剤というのは強めの薬剤設定がされています。

 当然ですが、個々人に合わせて薬剤を調整する美容院でのカラーよりも、

・市販のカラー剤は髪に対するダメージは大きくなってしまう。
・もともと染まりやすい髪質の場合は、イメージより明るくなり過ぎてしまう。

 といったリスクがあります。この辺りが市販のカラー剤と美容院のカラー剤の違いです。

「何で染めるか?」より「誰が染めるか?」。

 お客様はカラー剤を基準に、美容院でのサロンカラーにするか?あるいは市販のカラー剤でのホームカラーにするか?を検討中だと思います。もちろん、「何で染めるか?」も重要ですが、それ以上に「誰が染めるか?」が重要であることも、どうかご理解下さい。

 ざっくばらんな話をしてしまえば、市販されているどんなカラー剤を使おうが、経験値が高く、技術力(スキル)のある美容師は、お客様の髪を綺麗に染めることができます。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、おしゃれ染め(通常のカラー)でも白髪染めでも、染まり方は十人十色です。仮に、同じ薬剤を使って10トーン(明るめ)のアッシュブラウンに染めたとしても、私の髪とお客様の髪は全く違う染まり方をします。

 このように髪質によって染まりやすい、染まりづらい、といった条件がある中で、美容師は様々な薬剤をミックス(配合)したり、バランスを調整し、お客様の髪質を見ながら薬剤設定(カラー剤をカスタマイズ)してくれます。お客様の狙った色味、狙った明るさに可能な限り近づけることが可能です。ホームカラーでは薬剤の配合や、過去の髪質の履歴に合ったカラーというのはなかなか難しいため、ここも大きな違いになります。参考にしてみて下さい。

カラーのよくあるご質問一覧へ

カラーのよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-03-06 | Posted in ヘアカラー, 未分類, 白髪染めComments Closed 

関連記事