カラーした毛先が色落ちで白っぽく。放置するよりカラー入れたほうが髪には良いですか?

町田美容院の知恵袋 > カラーのよくあるご質問 > カラーした毛先が色落ちで白っぽく。放置するよりカラー入れたほうが髪には良いですか?

普段からカラーリングしているのですが、毛先がだんだん色落ちして白っぽくなっています。美容院に行くと、美容師さんは「白っぽいまま放置するよりも、カラーを入れたほうが髪のために良い」と言われます。確かに白っぽいまま放置するより、カラーを入れたほうが傷みは軽減されるように思えますが、実際、カラーしたほうが髪にダメージが無いのか?と言われれば疑問です。色落ちして白くなった髪を放置するよりも、カラーを入れたほうが髪には良いですか?それともただの美容師さんの売り込みでしょうか?

.

「カラーを入れたほうが、見た目の印象も、本人の精神衛生上も良い」ということを美容師さんは言いたいのだと思います。髪への負担やダメージを全くゼロにすることはできませんが、最小限に抑えたカラー剤をチョイスことができるので、一度、美容師さんに相談してみるのがオススメです。

見た目の印象も、精神衛生上も落ち着きます。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、おしゃれ染めでも、白髪染めでも、カラーリングをすることで、髪には確実にダメージが発生します。これはトーンアップ(明るく)しても、トーンダウン(暗く)しても、どちらの場合も同じです。間違いなくダメージがあるということをご理解下さい。

「白っぽいまま放置するよりも、カラーを入れたほうが髪のために良い」と美容師さんからアドバイスを頂いていると思いますが、これはより厳密に言えば、「カラーを入れたほうが、見た目の印象も、本人の精神衛生上も良い」ということを美容師さんは言いたいのだと思います。

 実際、赤茶っぽく色が抜けてしまっていたり、毛先が白っぽいままだと

・髪にツヤ感が出ない
・ぱっと見の印象として、ダメージヘアっぽい見た目になってしまう
・髪の毛が疲れている印象を与えてしまう

 といったことが考えられます。美容師さんのアドバイス通り、カラー(色味)を入れたほうが見た目の印象的にも、お客様ご自身の精神衛生上も落ち着くと思います。

 ただし、繰り返しますが、その場合でもカラーを入れることで、髪には確実に負担やダメージが発生することをご理解下さい。明るい髪の毛に対して色味を入れる場合は、黒髪を明るくする場合よりもダメージをかなり抑えた薬剤を選ぶことができます。髪への負担やダメージを全くゼロにすることはできませんが、最小限に抑えたカラー剤をチョイスことができるので、一度、美容師さんに相談してみるのがオススメです。

カラーのよくあるご質問一覧へ

カラーのよくあるご質問(FAQ) >> 全てを一覧で表示する

お客様の施術事例

monohair2 monohair2
monohair2 monohair2
monohair2 monohair2

お客様の声

「傷んでまとまらなくなった髪に悩み、美容院を転々としていた時に表参道のお店で宇野さんにお会いしました。

じっくりと話を聞いてくださり、私の髪のために何ができるか、しっかりと向き合ってくださり、ようやく信頼できる美容師さんに出逢えた!と思いました。

宇野さんは高い技術はもちろんのこと、髪に関することは熟知しているので、何を聞いても確かなアドバイスをしてくださいます。

おかげさまで髪は健やかさを取り戻し、宇野さんの作るヘアスタイルにも大満足。毎日の手入れも楽しくなりました。

先日、中学一年の息子もカットしていただき、難しい年頃の息子も本当に嬉しそうでした。これからも親子ともによろしくお願いします。」

お客様の声をもっと見る



髪のこと気軽にご質問下さい。 24時間365日いつでも受付中です。

 LINEで質問する
 Facebookで質問

↓過去の質問をキーワードで検索

2015-03-05 | Posted in ヘアカラー, 未分類, 白髪染めComments Closed 

関連記事